葬儀の折りに準備する引き出物

葬儀の際には、二~三種類の引き出物(お返し)を準備する必要があります。
まず、葬儀に会葬して頂いた方々に対して、わざわざ多用の中遠方より参列していただいたことに対する御礼として「会葬御礼」を渡しします。香典を頂いた、頂かないに関わらず、参列した方に対して焼香の後に手渡す形ですので、数百円程度の日用品がよいでしょう。


軽くて持ち帰りやすいものがよいので、茶葉やハンカチなどを選ぶ人が多いようです。

弔い事ですので、色や柄などが派手な品物は慎みましょう。

また、自分以外の方も含め複数でまとめた香典を持参して参列する方には、香典を出してくださった方全員分の会葬御礼を代表者の方に渡すのが一般的ですし、必ずしも受付を通らず焼香だけしてくださる方もいますから、「会葬御礼」の引き出物は多めに用意しておく必要があります。

「会葬御礼」には、会葬の御礼の言葉を印刷した一枚物のカードを添えるのが一般的です。


三重の家族葬の情報サイトはこちらです。

次に、香典を頂いた方に対しては、香典返しにあたる引き出物を贈ります。


この香典返しは葬儀当日ではなく、仏式であれば四十九日の法要が済んだ後に、「満中陰志」として送るのが一般的です。


葬儀の場合は、三分の一から半分返し程度で、形に残らずにすむ消耗品や食品が好まれて使われています。

大正の葬儀がどんなものかご存知ですか。

この場合も、喪主名で満中陰の法要を恙なく終えたことを知らせる挨拶状を添えるのがよいでしょう。


これからは永代供養墓を利用するなら此方のサイトです。

さらに、親族など初七日や四十九日の法要に参列した方に対しては「粗供養」という名前の引き出物を手渡すのが普通です。

葬儀の流れの最新情報をお伝えします。

この場合は、参列者が持参した「お供え」に対するお返しの意味もあります。紙袋なども用意して持ち帰りやすいなるべく軽い品物を選ぶ方が喜ばれます。

葬儀の相談に関する情報をご覧ください。

http://www.th-pc.jp/doubutukuyoukyougikai.html
https://www.youtube.com/channel/UCWFGZNs4hT1XzS9aTwwQkDw
http://www.th-pc.jp/doubutukuyoukyougikai.html